ホームページ > 徐匯区概要 > 徐匯区概要 > 生活と環境

生活と環境

  • 都市管理のイノベーションを模索 中心部環境が大幅に改善

     「清潔、秩序よく、安全」という要求に基づき、都市管理とコミュニティ管理制度のイノベーションを模索し、総合的な整備と取締りを強化し、管理の柔軟性と能率を引き続き向上させた。エコロジー環境が大幅に改善された。区―街道・鎮―団地という三層グリッド化総合管理システムを健全化させ、全国文明城区の申請をきっかけに、営業許可なしの屋台や露店に対する取締りが功を奏した。全市で「五違四必(五つの違法行為の取り締まりと四つの問題点を必ず解決)」の大規模の環境総合整備活動を機に、違法建築に対する取締りに力を入れた。桂江路での高圧電線の集中問題などの一連の安全上の課題を徹底的に解決した。過去五年間で180万平米の違法建築物を取り壊した。空気浄化計画を実施し、龍呉路及び淀浦河沿いの建築用材攪拌所3カ所、建築廃棄物や土砂の運搬埠頭10カ所を閉鎖したことにより、区のほこりの沈下量が33.8%減少した。「河川管理請負制」を実施し、各河川に対して、それぞれの管理計画を作成し、春申港、三友河の二つの重度汚染河川に対する整備活動を完成させた。緑化づくりに力を注ぎ、徐家匯公園の緑化歩道や東湖緑地の改造などの工事を完成させ、過去五年間で46.4ヘクタールの公共緑地と6.2キロの緑化歩道を増設たことにより、全区の緑化率が29%に上昇した。

    >>全部

  • 居住と環境

    地域第四ラウンドの環境保護三年行動計画に立てられる上海市級プロジェクトの10項目と徐匯区級プロジェクトの69項目を全面的に実施しています。持続的に発塵の制御に力を入れ、設備のオンライン管理を完備します。「世界博覧会道路発塵制御連合会議」の管理プラットフォームを建てて、「文明工事場」の建設を進めて、「発塵汚染制御区」と称される徐匯区の制御成果を定着します。地域騒音汚染の制御を開始し、区内の騒音強度は標準強度以内に収め、すでに上海市環境保護局によって検査と再検査を上引き取れました。いっそう区内の核業界の安全管理に強化して、核技術応用部門と企業に対するテロ防止の専門監督調査を行います。区内の第一回目の汚染源全面調査を全て完成して、上海市環境保護局によって検査を上引き取れ、そして汚染源のデータベースを作り上げました。共に環境保護専門行動を五回組織して、各企業・国家機関の2853戸を検査しました。汚染と廃物排出の減少措置を引き続き進めて、101蒸トン/時間以上の工業ボイラーの硫黄分離改造を4台も行いました。環境保護の行政審査改革を更に推進し、全市で率先して建設プロジェクトのオンライン審査許可システムを使用し始めました。区内環境汚染の事故応急試案を改善して、800メガのデジタル集群(TETRA)政務ネットのインストールとデバッグ完成して、環境安全の応急通信保障を強化します。 年間公共緑地の38.1ヘクタールを建設して、中に生態の専門項目が27ヘクタール、各小さな公共緑地が総計5.01ヘクタール、徐匯濱江公共開放空間緑地が6ヘクタール。区内の一人当たりの公共緑地の面積は5.28㎡/人に達っして、昨年より0.18平方メートル高まりました。緑化率は26.8%に達成して、昨年より0.7%高まりました。万博緑化景観最適化にめぐって、年間累計で緑化面積は167.74ヘクタール完成して、年間累計で緑地の調整と改造を17.72ヘクタール完成しました。20の居住区の緑化改造を10万平方メートル完成しました。

    >>全部