ホームページ > 就職・企業>投資

投資

  • 衡山坊、ビジネス招致とテナント募集、段階的な成果を

    衡山坊改造工事が竣工してから、すぐ全面的なビジネス招致とテナント募集の段階に入った。いままで、衡山坊の貸し出し面積7159.1平米に達しており、100%貸し出した。プロジェクトの開業率は約75.6%で、ビジネス招致とテナント募集の業務には段階的な成果を挙げた。衡山坊は11棟のガーデン洋風住宅と2列の新型路地住宅からなり、建築面積は約7300平米である。衡山坊プロジェクトの業態は芸術と創意事務、より抜き商業、精巧した生活および極致なグルメなど4つのブロックに定位している。文化とより抜き商業の結びあわせに焦点を絞り、衡山坊が導入した業態には外国の特色のあるレストラン、知名な芸術ギャラリーと創意事務もあれば、国内外のハイレベルのデザイナーののより抜きのブランド小売店もある。なかにアジアで有名なギャラリーである「AEAEIO」、国内で有名な芸術空間である「MAO SPACE」、ヨーロッパの陶磁器のトップブランドである「MIEISSEN」、国内のハイレベルのデザイナーブランドである「例外」「有蘭」、および中国でもっと美しい書店を言われる「方所」とファッション創意サービス式の事務「OASIS」などがある。飲食では、スペイン、イタリアなどの国の特色のあるグルメが集まり、初めて中国に入ったオーストリアの百年の歴史もあるコーヒーケーキブランドAida、北海道風の懐石料理店―洞爺湖、スターバックスは標識的な意義のある華東区500番目の店をここに入居させている。これらのブランドの導入はビジネス圏主体の業態との相互補完、相互アクション、相互連携を実現させ、また、もっと多くの「ゆっくりとした生活」の元素をとりれて、衡山坊を本当の意味での徐家匯の典雅で精巧した「裏庭」にさせている。

    >>全部

  • 徐匯濱江の「夢センター」プロジェクト スタート

    先日、上海徐匯濱江「西岸マスコミ港」旗艦型プロジェクトの「夢センター」がスタート、同時に総体企画も初めて発表された。建築面積46.3万㎡で、主要な12棟の建物で構成されている「夢センター」。中には、劇場、ミュージック・ホール、芸術家オフィスを含む「夢大道」文化劇場区、アニメーション娯楽製作基地「東方ドリームワークス」本部、国際映画イベント開催用の500席のIMAX映画館、国際レベルのカフ、バー、飲食店、ファッション生活体験館、年中連続の「蘭桂坊娯楽生活街」テーマ活動及び創意オフィス、A等級のオフィスビルなど。「夢センター」は8社以上の国内外知名建築設計会社の協力で建てられた。今回の徐匯濱江地区の改造工事を通して、百年近くの歴史を持つセメント工場、ドック、倉庫などは、シンボル的な創意劇場、芸術場所、飲食施設などに改築される。工事は2014年にスタートして、2017年に完成する見込みである。 (出所:解放日報)

    >>全部

  • 徐滙区における現代サービス産業の発展を促進する支援政策意見書(試行)

    経済の成長モデルの転換を加速させ、経済構造の調整を推進し、徐滙区の総合的な経済力を全面的に向上させるために、滬府〔2008〕77号文書「街道の財政制度の更なる健全化と財政支援政策の更なる規範化を図る意見書」の趣旨に基づき、特に「徐滙区における現代サービス産業の発展を促進する支援政策意見書(試行)」を制定する。一、指導思想 「規模を拡大し、産業レベルを向上し、イノベーションを図り、特色を示し、ブランドを創設する」という原則に基づき、区域経済成長の基盤と豊富な技術・文化資源における優位性に依拠し、重要なプロジェクトに焦点を当て、技術革新によって、現代サービス産業などの優位産業の発展を重点的に推進し、新興サービス産業を積極的に育成し、現代サービス産業を核心とする区域産業構造と、イノベーションを原動力とする区域の成長モデルを構築する。二、発展目標 区域のプロジェクト建設の推進を重要な手段として、計画の作成、資金の支持及び政策の支援に力を入れ、現代サービスの集中的な発展、融合的な発展、そして革新的な発展を推進する。「十二五」期間には、現代サービス産業の核心産業の成長率が産業全体の成長率をはるかに上回り、区域経済における現代サービス産業の主導的な地位を確立し、そして確固たるものにする。三、主たる任務 情報サービス産業、金融サービス産業、専門サービス産業、技術研究開発サービス産業、文化アイディア及び展覧会・観光に関連するサービス産業の発展を重点的に推進し、区域の資源における優位性を十分に生かし、発展の潜在能力の高い新興サービス産業を積極的に育成し、生命・健康、国際交流、教育・トレーニング、現代物流などの産業の成長を引き続き育成すべきだ。本部経済を大いに発展させ、現代商業・貿易産業のレベルを向上させ、アウトソーシング・サービス産業を強大にする。 現代サービス産業を支援する各種の専用資金を統合し、産業構造の最適化、ビジネスコストの低下、重大プロジェクトの推進、産業環境の改善などの面における専用資金の投資を拡大する。四、支援政策(一)金融サービス産業1、新たに本区に移転した証券会社、先物会社などの、国家金融管理部門から許可をもらった本部型金融機関に対し、一回限り最大500万元までの奨励金を支給する。本区で自社用のオフィスビルを建造または購入した場合、一回限り最大500万元の奨励金を支給する。自社用のために、本区のオフィスビルを賃貸した場合、確認後、5年間連続、毎年実際に発生したリース料の10%-30%の割合で最大100万元の賃貸手当を支給する。本部型金融機関の市レベルの支店及び融資賃貸企業に対しては、上記の支援金の半額を支給する。2、新たに本区に移転した、会社制企業(またはパートナーシップ企業)の形で設立された株式投資企業に対し、その投資総額により一回限り下記の奨励金を支給する。投資資本が30億元以上(パートナーシップ企業の場合は50億元以上)の場合、一回限り最大1500万元の奨励金を支給する。本区のオフィスビルを賃貸した企業に対し、投資総額が5億元以上(パートナーシップ企業の場合は10億元以上)の場合、3年間連続、毎年実際に発生したリース料の10%-30%の割合で最大100万元の賃貸手当を支給する。3、新たに本区に移転した金融機関、株式投資企業及び株式投資管理企業に対し、その生産高、収入、利益などによる区域経済への社会貢献の大きさを確認したうえで、最長6年間まで、設備購入、製品研究開発、人材育成などを含む総合的な支援政策を適用する。4、新たに設立された融資担保機関に対し、その登録資本の1‰の割合で、一回限り最大50万元までの奨励金を支給する。区内の誘導性企業のために融資担保業務を展開した融資担保機関に対しては、その年間担保金額により、最大1%の担保金及び最大1-1.5%の危険準備金手当を支給する。担保業務に参与した銀行に対しては、最大1‰の業務費手当を支給する。各種の重大またはイノベーションプロジェクトに認定されたプロジェクトに融資担保をしたことにより生じた損失に対し、実際の損失金額に基づいて一定の割合の手当を支給する。5、本区に移転した小額貸付会社に対して、開業時より3年連続、毎年登録資本金の1%の割合で、最大200万元の危険準備金を支給する。そして、区内の中小企業への融資金額に基づき、最大1‰の手当を支給する。6、非上場株式会社の株式譲渡システムに登録された企業に対し、上海市の関連支援政策に基づき、最大同額の支援金を支給する。上場した企業に対し、300万元の手当を支給する。非上場株式会社の株式譲渡システムに登録された後、正式上場に成功した企業に対し、最大300万元の支援金から、すでに支給した部分を差し引いた差額を支給する。(二)情報、専門、科学研究、文化アイディア、展覧会・観光サービス産業等1、本区の産業発展ガイドラインに合致し、新たに本区に移転した企業に対し、区域経済への社会貢献の大きさにより、累計最大500万元の賃貸・内装手当を支給する。新たに移転した、明らかに総合的な優位性をもつ企業に対し(本部経済、金融機関を除く)、確認後、一回限り最大300万元の手当を支給する。2、本区の産業発展ガイドラインに合致し、新たに本区に移転した企業に対し、その生産高、収入、利益などによる区域経済への社会貢献の大きさを確認したうえで、最長5年間まで、設備購入、製品研究開発、人材育成などを含む総合的な支援政策を適用する。3、本区の現代サービス産業重大プロジェクトに列せられた産業化建設または改造、公共サービスシステム、企業情報化アプリケーション、中小企業サービスシステム構築などのプロジェクトに対し、プロジェクトがもたらした経済的・社会的効果に基づき、一回限りの建設投資手当と、最大3年間までの運営手当を支給する。(1)重点領域における産業化の建設または改造のプロジェクトに対し、最大プロジェクトの投資総額の20%まで、プロジェクト1件につき、最大200万元の手当を支給する。国家または上海市の産業発展ガイドラインに適合した重大プロジェクトに対し、1件につき、最大500万元の手当を支給する。(2)公共サービスシステムの構築プロジェクトに対し、最大プロジェクトの投資総額の20%まで、プロジェクト1件につき、最大150万元の手当を支給する。公共サービスシステムの正常な運営を確認した後、1件につき、最大50万元の運営費用手当を支給する。(3)企業情報化の応用プロジェクトまたは中小企業サービスシステムの構築プロジェクトに対し、プロジェクトの投資総額または実際に発生した各種のサービス費用の20%まで、プロジェクト1件につき、最大100万元の手当を支給する。4、文化アイディア企業によるオリジナルな創作、製品開発、技術改良、ブランドマーケティング、対外貿易、アイディアの製品化・実用化、文化伝播のルートの設立、重要な文化賞、イベント、知的財産権の保護、サービスシステムなどを支持し、文化アイディアスタジオ、事務所の成長育成を奨励し、企業によるデザインセンターや技術センターの設立を奨励する。設立を確認した後、最大200万元の手当または奨励金を支給する。5、影響力の大きい地域的・専門的な展覧会、交易会、博覧会、ハイレベルの会議を開催した関連企業に対し、確認後、宣伝・主催費用の最大30%まで、一回につき、金額最大20万元の手当を支給する。6、観光ツアーの形で、徐滙区で都内見物・ショッピング・レジャーなどの観光活動を行った旅行会社に対し、確認後、ツアーの参加者数及び宣伝の効果により、一社につき、1年に最大10万元の奨励金を支給する。7、本区の産業発展ガイドラインに適合した企業のうち、初めて「中国馳名商標」または「中国名牌」の称号を取得したものに対し、確認後、一回限り50万元の奨励金を支給する。「上海馳名商標」または「上海名牌」の称号を取得したものに対し、確認後、一回限り50万元の奨励金を支給する。(三)商業・貿易サービス産業1、本区の商業発展計画の要求に適合し、先導的な働きをもつ、市・区レベルの商圏、商店街の建設とレベルを向上させるプロジェクトに対し、確認後、一回限り最大500万元の手当を支給する。2、本区の各街道・鎮が管轄区域の実情に基づき、市レベルの特色街とコミュニティ商業センター、コミュニティ商店街の建設・調整・改造に関連するプロジェクトに参与した場合、街道・鎮の実際に投資した金額により、最大300万元の手当を支給する。3、統計では本区に所属するオフショア・アウトソーシング企業に対し、アウトソーシング契約書の金額が100万ドル以上の場合、その規模により、毎年最大30万元の奨励金を支給する。企業の新入社員を対象にトレーニングを行った場合、トレーニングの実情を見て、その規模により毎年最大10万元の奨励金を支給する。同年にCMM認定に合格した企業に対し、取得したレベルにより、一回限り最大5万元の奨励金を支給する。国際貿易センター関連の公共システムの構築プロジェクトに対し、確認後、一定の支援金を支給する。4、新たに本区に移転した小売業、国内外貿易及びその他の産業の関連企業に対し、その生産高、収入、利益などによる区域経済への社会貢献の大きさにより、最長6年間まで、設備購入、製品研究開発、人材育成などを含む総合的な支援政策を適用する。(四)本部経済1、新たに本部を本区に移転した多国籍企業に対し、移転を確認後、一回限り最大500万元の奨励金を支給する。そのうち、国家レベルの地域本部に認定されたものには500万元、投資型地域本部に認定されたものには300万元、投資会社、管理型地域本部及び研究開発センターに認定されたものには100万元の奨励金を支給する。2、新たに本部を本区に移転した多国籍企業が、本区で自社用のオフィスビルを建造または購入した場合、一回限り最大500万元まで支給する。自社用のために、本区のオフィスビルを賃貸した場合、確認後、最大6年間まで毎年実際に発生したリース料の10%-30%の割合で最大100万元まで賃貸手当を支給する。なお、後半の3年間の手当は半額とする。3、新たに本部を本区に移転した多国籍企業に対し、その生産高、収入、利益などによる区域経済への社会貢献の大きさにより、最長6年間まで、設備購入、製品研究開発、人材育成などを含む総合的な支援政策を適用する。(五)その他1、延べ床面積が1万元平米以上の本区新築オフィスビルに対し、本区の政府部門とビルのオーナーまたは運営側が貢献度と税収所属率を高めるために、「連動提携協議」を締結する。協議目標を満たしたオーナーまたは運営側には、最大500万元の奨励金を支給する。すでに運営が始まっている、将来性のあるオフィスビルにも適用する。2、文化産業、アイディア産業、現代サービス産業に関連する各種の産業園区の改造工事の場合、その産業集中度と税収所属率が基準を満たしたものには、確認後、数回に分けて投資総額の10%以下の割合で、累計金額最大300万元の建設補助金を支給する。毎年、各種の産業園区に対し、格付け評価を行うが、評価に合格した産業園区には、格付け証明書と格付け産業園区の看板を授与し、また、産業園区の運営側に毎年最大10万元の奨励金を支給する。3、新たに本区に移転した、国家・市レベルの各種の現代サービス産業の協会及び関連産業のサービス機関に対し、確認後、一回限り最大50万元の手当を支給する。区政府と戦略的提携協議を結んだものに対しては、提携協議書の内容に基づいて手当を支給する。4、企業誘致、企業サービス、産業環境整備などの面において大きな貢献をした機関に対し、確認後、最大50万元の奨励金を支給する。5、現代サービス産業の重点企業に対し、区域経済への貢献度により、毎年最大100万元の利息手当を支給する。国家、上海市及び本区の関連部門から許可をもらった新規産業園区の建設などの投資プロジェクトに対し、最大500万元の建設ローン利息手当を支給する。サービス産業発展ガイドライン資金プロジェクト、契約エネルギー管理プロジェクト、企業合併・再構成プロジェクト、文化アイディアプロジェクト、商圏レベルアップ、店舗改造などのためのプロジェクトローンに対し、最大100万元の利息手当を支給する。各担保機関に支払った担保費用に対し、毎年最大90万元の手当を支給する。6、本区の現代サービス産業に関連するハイレベルの人材、経営管理人材及び管理チームなどに関する支援政策については、「徐滙区における人材発展をさらに促進するための実施意見(試行)」に基づいて実施する。五、付則(一)本意見書の解釈権は徐滙区商務委員会にある。(二)本意見書の実施日より前に制定した関連政策が、本意見書の内容と不一致の場合、本意見書に準して実施する。実施において、国家、上海市及び本区が新しい政策を発表した場合、新しい政策に準じて実施する。(三)企業が上記の支援政策を利用する一方、国家、上海市及び区レベルの他の政策も利用することができる。なお、複数利用の場合、よりよい待遇の方に準ずるが、重複併用は不可である。(四)本意見書は発表当日より試行する。

    >>全部

  • 韓国オンラインゲームの大手会社NCSoftは漕河涇国際商務中心(ビジネスセンターに進出

    近日、韓国オンラインゲーム大手会社NCSoftは、漕河涇開発区と契約し、漕河涇国際商務中心でソフトウェア研究開発センターを設立することに決めた。 1997年に創立したNCsoftはグローバルオンラインゲーム発展の経緯をすべて経験してきた。ゲーム産業が盛んに発展している今では、NCSoftは世界最高の技術力と宣伝力を基にし、全世界オンラインゲーム業界のトップ企業になった。会社は『リネージ』、『リネージュII』、『ギルドウォーズ』、『タワー オブ アイオン』などの代表ゲームで、中国、日本、米国などの世界各地まで進出している。NCsoft Chinaは、NCsoftの中国のビジネス戦略の核心にして、中国現地のパートナーに各技術サポートを提供すると同時に、中国プレーヤーからの多様な需要を満足させるため、続々と各タイプのゲームを研究開発する予定である。また、中国現地の優秀な開発人員と団体を採用し、中国更にアジア市場に対応するゲームを開発する予定もある。(出所:区招商センター)

    >>全部

  • 「X2クリエイティブ・スペース」プロジェクト企業誘致:「数字、インスピレーションを刺激せよ」

    「X2クリエイティブ・スペース」は徐匯区茶陵北路20号(斜土路と接している所)に位置し、20世紀70年代末の旧工場から改築されたものである。当該プロジェクトの前身は国内印刷機械業界で最初の合資企業――亜華印刷機械有限公司である。 敷地面積は4,178平方メートル、建築面積は13,000平方メートルである。そのうち、商業賃貸用の建築面積は2,000平方メートル、オフィス賃貸用の建築面積10,000平方メートル、サポートサービス用の面積は1,000平方メートルである。当該プロジェクトは四・五・六階建ての六棟の建物からなり、Uの形をしている。一階はコマーシャル用、二階から六階まではLOFTと、広くかつ天井の高いオフィスに使われる。一、部屋タイプ二階以上・オフィス用:1.130平方メートルの緻密小型タイプLOFT(3.3メートル+3.3メートル)、下はスタジオ、上は住居に使われる。2. 120-1,000平方メートルで、天井の高さが3.3メートルから5.4メートルまでのフラットフロアオフィスである。ご自由に二層に分けて設計することができる。一階:コマーシャル3. 200-250平方メートルで、天井の高さが5.7メートルである。二層に分けて設計し、面積を倍することができる。二、オフィス・賃借人の組み合わせ数字内容関連企業:ソフト設計会社、アニメ設計会社、ゲーム設計会社、携帯ソフト設計会社、ポータル会社、ビジネス取引専門ウェブサイト、検索ウェブサイト、VC等;建築設計類:建築会社、内装、園林景観設計会社、照明設計等;メディア及びアート類:メディア、広報活動、広告、撮影、出版等。三、コマーシャル組み合わせコマーシャル・セット:ホンコン式レストラン、東南アジア・レストラン、日本料理、喫茶店、コンビに、洋菓子、ゲーム体験センター、美容ボディーケア、アートギャラリー他の関連サービス:スタジオ、多目的ホール、ミーティング・センター、ルーフ・ガーデン、クリエイティブ作品の展示エリア、公共休憩エリア四、優遇政策1.本プロジェクトのテーマ内に属する業界知名企業は、賃貸価格の優遇対象となる;2.徐匯区にて登記する入駐企業は、税制上の優遇対象となる;3.徐匯区政府の関連部門は、入駐企業へ商工・登記など一連のサービスを提供する。「X2クリエイティブ・スペース」は3月の末頃にオープンする予定である。現在は外形が既に形を整っており、同時に企業誘致も行われている。当該プロジェクトの投資グループは上海徐匯ソフト発展有限公司、上海交大慧谷科技有限公司、上海同創投資管理有限公司及び力山森堡(上海)投資管理有限公司からなっている。プロジェクト・アドレス:徐匯区茶陵北路20号(斜土路と接している所)企業誘致向けの電話番号:64036877/64036299

    >>全部

  • 上海漕河涇新興技術開発区

    漕河涇開発区は1991年3月に国務院により、国家級高新技術開発区と設立された。十年余りにわたる漕河涇開発区の急速な発展は、既に全国における53もの高新技術開発区の中で、発展は最も早く、技術水準が最も高く、かつ経済効果の最もよい開発区の一つである。現在、漕河涇開発区はマイクロ・エレクトロニクス、現代通信、コンピューター、ソフトウェア、バイオテクノロジー、新材料、光機電一体化、航空宇宙等の高新技術の産業群を有している。そのうち、30社余りのフォーチュン・グローバル500社企業が入駐している。漕河涇開発区は目下、重点とされていた産業発展からエリア機能発展へと変わっていく新たな段階に入った。ここ五年間の発展目標は基本的に研究開発、ネット運用、技術革新、万能データセンターなどの機能を整え、全面的に双優エリア、デジタル・エリアと国際エリアの建築工事を始めることである。2002年開発区では中外企業は販売収入271.9億元、税収2.1億元、輸出13.3億ドルを実現し、1年間の建築中工事が25万平方メートルである。開発区は総企画面積が5.84平方キロメートルであり、行政区画の五分の四が徐匯区にある。2001年11月、国務委員呉儀が漕河涇開発区を視察し、本社の「飛新地」戦略実施に同意した。去年、本社は闵行区浦江鎮で4平方メートルの用地を取得し、次の発展スペースを開拓しようと、闵行区浦江鎮と4平方メートルの開発提携を結んだ。数年間にわたる探索によって、徐匯区と漕河涇開発区との双方向合作が新しい段階に入った。Win-winを原則とし、双方は合作体制、利益体制、機構体制などにおいて一連の革新意義を持つ新しい措置を確定した。 漕河涇開発区の新しい合作及び徐匯園開発建設は高新技術産業生産力分布の重点の一つである。五年間内で、基本的に漕河涇開発区「徐匯園」を完成させ、高新技術企業のフォーカスにさせ、中核産業を目立たせ、総合経済実力と核心競争力を持つ新興技術産業エリアにする。――基本建設 土地37ヘクタール(現有利用可能土地の90%前後)を開発し、85平方メートルの工業工場や科技総合ビルを建設する。そのうち、徐匯園が13ヘクタール、建築面積が25.3万平方メートルである。基本建設は10億元前後を投資する予定である。――誘致投資 国内外各種資本を誘致し、?億前後を投資する――産業タイプ ⑴ 高エネルギー製造業。開発区で既に形作られた産業チェーンにより、実業型企業は主としてマイクロ・エレクトロニクス、通信、光機電一体化等の業界に集中している。地価、不動産価格が高いため、入駐する生産型企業は相当高いビジネス・コストを受けられ、相応して産業レベルの高い企業でなければならない。 ⑵ コンピューター、ソフト、情報サービス業 ⑶ 生物医療工学産業 ⑷ 電子設備と計測器業界 ⑸ 各種の高新技術企業の研究開発機構 ⑹ 国内外の大手企業の運営機構 ⑺ 知識と知力を元とするサービス業:技術サービス、媒介、コンサルティング、貿易等。産業基地建設⑴ 「漕河涇開発区光啓園」の建設  「光啓園」の敷地面積は53900平方メートルで、1:2の容積率に基づき、4億元の建設資金で、107800平方メートルの工業標準工場を建設する予定である。2003年第三四半期最初の工場を建て始め、2004年第四四半期になると、使用し始め、企業誘致は建設中同時に行われる。⑵ 虹南敷地の合作開発 資本の合作という形で、元企画の徐匯園虹南敷地を開発する。その機能設定は漕河涇開発区の総体企画と相応しており、高新技術産業基地を開拓する。⑶ 土地備蓄の展開 高新技術産業基地に対して土地の備蓄を展開するため、開発区にある曹家宅と毛家塘旧宅地の改造を促進する。曹家宅、毛家塘の敷地面積は100ムーに近く、周辺の虹梅街路旧跡、漕河涇開発区警察署、徐匯園教具工場など環境のいい敷地を統一計画に入れ、区区合作を通して土地備蓄を実施し、そして更に「中中外」という多元投資方式を取り、総合セット、公共サービスと工業基地を新たに展開する。⑷ 西南ソフト・ゾーン建設への促進  西南ソフト・ゾーンをキャリヤーとし、漕河涇開発区ソフト・ゾーン、交大徐匯ソフト・ゾーンといった二大の市級ソフト基地を頼りにし、力を合わせてソフト産業の発展を促進させる。ソフト・ゾーンの発展企画を立て、実施する。そして国家ソフト産業基地を申告し、ソフト企業情報サービス土台を設立し、ソフト企業へよいサービス環境を提供する。⑸ 開発区東エリアの機能開発への促進⑹ 漕河涇開発区東ゾーンにある国有企業は相次いで改造と機能開発の段階に入っていく。わが区は開発区本社との合作、または、敷地面積の多い大手企業に対する企画引率を強化すべきである。新たな建設や改造により、新しい高新技術産業基地を展開する。メール通信情報テクノロジ・ゾーン、レーザー研究所、普源テクノロジ・ゾーン等のエリアの機能開発や建設を推進する。延べ開発面積は約30万平方メートル前後だと、初歩的に測定された。 (区商務委により)

    >>全部