ホームページ > 暮らし > 暮らし > 中国語の学習

中国語の学習

  • 標準語学習の体験

    標準語を身につけるには、ピンインのb、p、m、fから学ばなければならない。毎朝の朗読は教室でやればいい。分からないところがあれば、クラスメートに聞けばいい。標準語を学ぶ過程では、つらいこともあれば、楽しいこともある。つらいのは自分が音節を見ながら、どう読んでも正しく発音することができないことだ。楽しいのは自分の話す標準語はだんだん皆に分かってもらえるようになることだ。第一、ピンイン字母をよく習って、発音部位を身につけ、局部の個別の発音を正しくできるようになるまで繰り返して練習すること。第二、ピンイン新聞紙に載っている文章をたくさん読んで、標準語を話す感を鍛える。或いは、ある字を見て、その字の標準発音を黙読し、しかも、方言音との対応関係に注意すること。それによって、類推して理解する。第三、分からないところがあればすぐ調べること。辞書はわれわれにとって大変いい先生だ。分からないところがあれば、必ず正しく理解できるようになるまで、謙虚に尋ねること。特に、多音、多義などを持つ字に注意すべきだ。第四、自分自身の経験に過ぎないが、最もばかげた方法だが、一番効果が効く方法だと思う。それが辞書を読むことだ。現代漢語辞典を開いて、字、慣用句、センテンス、ページを逐次に読むのが極めて効果がある。私はそこから大変恩恵を受けている。第五、標準語で日常会話をし続けること。言語は環境によるものだという人がいる。皆標準語でしゃべっている環境の下では、よく耳にし、目にし、そのうち、なれるようになる。いわゆる「朱に近いものはいつか必ず赤となる」のだ。方言音の訛りがあっても、だんだん影響されて、変わっていくものだ。我々皆で一緒に努力し、手をつないで頑張れば、きっと標準語をマスターできるのだ。また、標準語をわが国各民族間の交流上の一般言語、通用言語にする。

    >>全部

  • 標準語をいかに身につけるか

    標準語を身につけるには、以下のようないくつかのポイントがあると思う。第一、ピンイン字母をよく習って、発音部位を身につけ、局部の個別の発音を正しくできるようになるまで繰り返して練習すること。第二、ピンイン新聞紙に載っている文章をたくさん読んで、標準語を話す感を鍛える。或いは、ある字を見て、その字の標準発音を黙読し、しかも、方言音との対応関係に注意すること。それによって、類推して理解する。第三、分からないところがあればすぐ調べること。辞書はわれわれにとって大変いい先生だ。分からないところがあれば、必ず正しく理解できるようになるまで、謙虚に尋ねること。特に、多音、多義などを持つ字に注意すべきだ。第四、自分自身の経験に過ぎないが、最もばかげた方法だが、一番効果が効く方法だと思う。それが辞書を読むことだ。現代漢語辞典を開いて、字、慣用句、センテンス、ページを逐次に読むのが極めて効果がある。私はそこから大変恩恵を受けている。第五、標準語で日常会話をし続けること。言語は環境によるものだという人がいる。皆標準語でしゃべっている環境の下では、よく耳にし、目にし、そのうち、なれるようになる。いわゆる「朱に近いものはいつか必ず赤となる」のだ。方言音の訛りがあっても、だんだん影響されて、変わっていくものだ。我々皆で一緒に努力し、手をつないで頑張れば、きっと標準語をマスターできるのだ。また、標準語をわが国各民族間の交流上の一般言語、通用言語にする。

    >>全部