ホームページ > 暮らし > その他の情報 > 生活に関する常識

生活に関する常識

  • 龍美術館へ「徐震」を見に行こう

    春になって暖かくて花が咲いているが、今、龍騰路3398号にある龍美術館(西岸館)へ行けば、開館1年間を祝うために入念に企画された徐震芸術展も見れば、雲のような桜も観賞できる。徐震氏は上海地元芸術家で、今回の作品展は氏の一貫としたユーモアの姿勢でグローバルカルチャーのさまざまな議題に介入し、真新しく創作された「欧州千手古典彫塑」では19個の異なった西洋古典彫塑を集め、仏像の千手観音の形を借りて、形式間と精神性をかねて、生き生きとした生命力を表してくれて、視覚を驚かせてくれる。「永遠に生きるー二人が頭部で支え、片手でバランスを取る彫塑」では、2つの西洋の彫塑を合わせて、荒唐ではあるが神経を尖らせた視覚的な効果が力と信念とのバランスを完璧に表した。「トップのなし、首の曲がった瓶」では中国の典型的な古い陶器の首を90度も曲げて、陶器市場の偉い動作を成し遂げた。展示では、また徐震の早期の個人作品、1998年に創作されたビデオ「叫び」と、ベニスビエンナーレ主題展示で最も若い中国芸術家を成し遂げた作品「虹」などが含まれており、展示は5月24日までとなっている。

    >>全部

  • インプラント治療でポーカーフェースに笑顔が

    定年になった62歳の馮さんは将棋が趣味ですが、指すときはいつもポーカーフェースで、ちっとも笑いを浮かべない。将棋の腕がうまいことから、「ポーカー大将」と呼ばれている。実は、馮さんは歯周病で下顎の歯がすべて抜けてしまったのだ。義歯を入れはしたが、入れ歯にどうしても慣れず、物をかむときは強い違和感を感じて、しかも、入れ外しも面倒だから、入れ歯を入れないことが多かった。その時から、できるだけ歯をのぞかせない馮さんは「ポーカー大将」と呼ばれるようになったのだ。この間、馮さんは団地の掲示板に貼ってあった万衆口腔インプラント治療のチラシを偶然に見た。「インプラント治療で生まれ変わろう」というキャッチフレーズに心の希望に火をつけた。翌日、夜が明けて間もなく、馮さんは奥さんと娘さんと一緒に上海万衆病院へ行き、口腔インプラント治療の専門家である徐斉富主任に、インプラント義歯の情報や使用期限などについていろいろ尋ねた。徐主任の話では、インプラント治療は高度な技術を要求する治療法で、優れた医術と最も先進的な医療設備がなければ、インプラント治療の全過程を効果的に完成することができない。インプラント治療は安全で痛みを感じない。そして、植え付けた義歯がしっかり固定されていて、本物の歯とそっくりだ。万衆病院はインプラント義歯に対し、5年間の無料で品質保証サービスと障害メンテナンスサービスを提供している。高齢者が歯が抜けるのは、歯周病で歯が浮いたからだ。これは60歳以上の高齢者にありがちなことだ。幸い、インプラント治療によってこの問題を根本的に解決することができるし、本物の歯と同じような気持ちを持ち、咀嚼に何の支障も来さない、ということだ。説明を聞いた馮さんはしきりにうなずき、徐主任の指導のもとで口腔CTの検査を受けた。馮さんの下顎の歯が全部抜けたので、徐主任はブリッジ半固定の方法で修復術を施した。下顎の両端が神経管に近いので、徐主任は2号、2号、3号の義歯をインプラントした。3本の義歯をインプラントしたことで、下顎の14本の義歯を固定することができ、咀嚼機能が大いに改善され、外見がきれいになったばかりでなく、インプラントの費用もずいぶん節約された。2時間後、一時使用の歯冠をつければ、馮さんは物を食べられるようになった。三ヶ月後、インプラントした歯と歯槽骨が完全に癒合し、永久的な歯冠に換えたら、歯が新生した。これで、「ポーカー大将」でも笑顔を浮かべるようになった。

    >>全部

  • 上海植物園観光客サービスセンターでは、手の込んだ記念品の登場

    先日、種で作られた飾りものと盆景絵ハガキなどのたくさんの記念商品は、上海植物園は2番門の観光客サービスセンターで発売されて、観光客のお求めをお待ちしております。秋の10月、上海植物園では、各展覧会とイベントを絶えず行われていて、とても賑やかです。浙江省盆景展覧会では、素晴らしい展示品がたくさん並んでいました。「楽しい旅」というイベントは、参加者の皆様を思う存分楽しませ、また手厚い賞品は絶えずに皆様に驚喜をさせていただきます。更に、今度は初めて行った記念品発売は人々の大人気を集めてきました。例えば、限定発売の盆景絵ハガキ、「ILOVECHINA」と名づけされたハート形をしている赤色の小鉢植え、西双版納出産の純天然植物の種で作られた飾り物など、逸品揃いで値段が安いのです。多くのお客様は好きな記念品を選んで、バッグいっぱいに購入しました。ウェブサイト、ミニブログなどを通じて、ゴールデンウィークの後でも、またそのような発売を行うかと問い合わせる人もたくさんいます。今度は再び観光客に販売する記念品は:種で作られた飾りもの10数種類、、売価は6元~40元で、前よりほとんど変わっていません。でも、盆景絵ハガキは「十一」連休期間の優待価格の9.9元/セットから、原価の15元/セットに調整させていただいたのです。また、ボタン・盆景をテーマにするシリーズ商品も同時展示・発売されていますが、観光客サービスセンターにお求めください。(出所:中国の上海)

    >>全部

  • 夏の家、植物からもらう爽やかな体感

    夏、室内で適当な植物をレイアウトして、さわやかな感じがして室内環境も改善できる。適当な植物を適当な所に置けば、さわやかな暮らす環境をつくれる。リビング:キヅタ、イチジク、ウツボカズラと普通なアロエ等の植木がリビングに適当。リビングは元来人の往来が盛んな所で、これらの植物は室外からきた細菌、小さい虫などに対処できるだけではなく、さらに掃除機さえ吸い込めないほこりも吸い込める 。寝室:二酸化炭素などの排気ガスが吸収できる植木は適当。たとえば鉢植えのミカン、ローズマリー、オリヅルラン等、香りがそれほど強くではない植物。オウゴンカズラ(黄金葛)のような葉は大きくて水が好きな植物は空気の湿度に適当な状態で維持させるから寝室にとても良い。玄関、窓口:水栽培植物また茎の高い植物が適当。たとえば水栽培ドラセナ属の植物、万年青、パキラ、高いソテツ、ザミオクルカス・ザミイフォリア等。玄関と窓口等は、風が通るから空気の移動性は比較的に大きい。高くて大きい植物と水生植物をここに置けば、部屋の湿度と温度のバランスを取るにとても良い。情報源:徐匯新聞

    >>全部

  • 手術で鼻づまりを解消

    50歳の張さんは慢性鼻炎の患者で、長い間鼻づまりに苦しんでいた。鼻は何かで詰まった感じで、空気の通りが悪かった。それで張さんは大華病院の耳鼻咽喉科の医師に診てもらった。大華病院の医師が鼻腔拡張術を施したら、鼻づまりがだいぶ改善された。左右の鼻腔は均衡が保たれた状態でのみ、正常の呼吸ができる。慢性鼻炎、鼻洞炎(鼻茸)、アレルギー性鼻炎および閉塞型睡眠時無呼吸症候群など、いずれも鼻腔の息の詰まりが病因となる。上気道の閉塞が身体の正常な代謝を妨げるばかりでなく、高血圧、脳卒中、冠心病、糖尿病などの慢性病を併発させる危険がある。臨床症状では、鼻腔の通気障害を持つ患者には、鼻腔に異状があることが多い。たとえば、鼻中隔彎曲症のある患者は、通気抵抗の多いほうの鼻腔が閉塞性炎症が起こりやすく、その原因は、左右の鼻腔の息の流れの不均衡による器官の肥大にあるとされている。鼻腔拡張術とは、簡単に言えば、鼻づまりの一と病因に基づいて、手術によって鼻腔の通気容積を広め、鼻腔内の障害物を取り除き、患者の鼻づまりの症状を改善し、さまざまな併発症状を避ける手術のことである。手術の前、経鼻内視鏡、鼻腔CTなどの機械を通して鼻腔、鼻洞の状況を検査し、患者の病因に基づいて、鼻中隔矯正術、篩骨胞切除術、鼻茸摘出術、中鼻甲介固定術、下鼻甲介高周波カテーテル焼灼術、下鼻甲介外方骨折、粘膜下甲介切除など、さまざまな方法の手術案を決める。手術後、アフターケアで両鼻腔の対称と鼻洞粘膜の乾燥を保ち、鼻腔・鼻洞の機能の回復を図り、根源から上気道閉塞性症状を解決し、高血圧・脳卒中・冠心病・糖尿病などの慢性病の発病を抑える。大華病院の耳鼻咽喉科は、鼻の病気の診断と治療が得意である。経鼻内視鏡の外科手術のほか、特に手術後の診療とアフターケアに心がけている。最高の効果を期するために、手術を受けた患者の方に、後期のケアをお勧めする。鼻の病気の診療時間:月曜日~日曜日 午後13:00-17:00情報源:徐匯報

    >>全部

  • 2010年の養犬申請登録が間もなく開始

    徐匯区狂犬病認定及び免疫防止の資格がある場所部門住所責任者電話番号郵便番号上海動物保健有限会社徐匯支社華石路101号屠益平64681568201103上海申豊牧畜獣医科学技術有限会社(ペット診療所)斜土路2451号張建平64383163200030上海島戈ペット有限会社(動物病院)田東路392号101C室徐国興54890009200232公安機関は5月15日から6月25日にかけて、2010年養犬許可証の年間定期検査を行う。6月25日から新増養犬登録の受理が始まる。新《条例》が公布した後、許可書の申請に隣近所(の人)と住民委員会の承諾署名は要らなくなるが、定点動物病院が発行する養犬免疫証は必要となる。免疫証を獲得する以外は、所属の派出所へ養犬許可証が取得できない。「上海市養犬管理条例」が5月15日から正式に実施してからは、犬類管理費は今まで通りに地区によって料金徴収を実施している。しかしの内環状高架道路圏内の区域では毎年の管理費は500元となり、内環状高架道路圏外の区域では毎年の管理費は300元となり、その中に農村地区では毎年100元となる。避妊(中絶)した犬に関して、施術の証明書を提出すれば、管理費を半額に徴収する。というのは、60元のワクチンの費用と60元のチップの費用をプラスと、内環状高架道路圏外の区域では、犬を飼う一年間の費用は420元となり、内環状高架道路圏内の区域では620元となる。

    >>全部