ホームページ > 政 府 > 区役所情報 > その他の情報

その他の情報

  • 「徐匯区2014年現代サービス業後押プロジェクト」の申告の行いに関する公告

    区域の現代サービス業産業化の質と水準を向上するため、わが区では「徐匯区現代サービス後押特別資金」を設立した。徐匯区商務委員会は『徐匯区の現代サービス業の発展の後押を速く推し進めるための意見』(徐匯区人民政府配布2014第30号公文書)の要求に従い、「徐匯区2014年現代サービス業後押プロジェクト」の申告を行い、ここで関係の内容を公告する。一、後押の重点 徐匯区現代サービス後押プロジェクトは徐匯区の現代サービス業の産業化とログを指向に重点的に情報サービス業、金融サービス業、専門サービス業、科学技術開発サービス業、文化創意および展示展覧観光サービス業の発展を推し進め、積極的に区域の資源の優位性を充分に発揮でき、割と強い発展の潜在力のある進行のサービス業を育成し、引き続き生命健康、国際交流と教育訓練、現代物流などの業界の発展を育成し強める。具体的に2種類に分ける。(一)産業化の建設、或いはグレードアップのプロジェクトで、革新性がわりと強く、技術の含有量が高く、はっきりとした市場の需要ととても強い市場競争力を持ち、とてもいい経済的な効率と社会的な効率がある。(二)公共サービスプラットフォーム建設プロジェクトで、情報、技術、人材、貿易、資金などの面におけるバックアップを提供でき、サービス業全体の発展の環境を整える。二、申告の要求(一)プロジェクトを申請する主体に関する要求:1、上海市内で工商登録をして、税務徴収がわが区内で行われて、法人の資質があり、財政制度が健全で、納税と会計の信用が良好であること。2、申告する予定の企業の前年度の財務報告表にある営業収入が1000万元以上で、且つここ数年間の企業の成長性がよく、区域に一定の貢献度があること。3、申告する予定の機構は、計画による資金の投入を承諾し、プロジェクトに必要な中堅チームを配置し、プロジェクトが計画通りに順調に実施できるのを確保すること。(二)プロジェクトに関する要求:1、申告する予定のプロジェクトは、わが区では現代サービス業の輻射機能と産業化を引っ張る高架のある製品とサービスを内容として、全体的に申告すること。2、申告する予定のプロジェクトは投資総額が500万元以上で、投資期間が2年間以内で(2014年6月から計算)、且つ、申告する際はすでに投資期間に入り、或いは前期の建設の手続きが完備し、建設開始の条件が整っていること。3、プロジェクトの固定資産の購入(研究開発用の設備更新も含む)にかかる投資額がプロジェクトの投資総額に占める割合が20%を超えること。(三)下記のプロジェクトによる申告を支持しない:1、都市の基礎施設、例えば港、道路などの基礎建設プロジェクト;2、製造業の領域にあるプロジェクト;3、プロジェクトの建設機構が政府部門、あるいは全額給付の事業団体機構;4、今まで上海市、区の現代サービス業特別資金の後押を受けた機構が、そのプロジェクトが受け入れ検査がされるまでに再び申告するプロジェクト;また、サービス業特別資金を獲得したが、実施の効果が良好に満たさなかった機構から再び申告したプロジェクト;5、区レベルのほかの資金を獲得したプロジェクト;区レベルのほかの資金を申請しているプロジェクトおよびそのサブプロジェクト;6、政府の買付を主とするプロジェクト;7、その他、後押の範囲と条件に合わないプロジェクト。三、申告に必要な書類(1~4は必須で、5~8は選択できる書類)1、『2014年徐匯区現代サービス業後押プロジェクト申告表』。2、「2014年徐匯区現代サービス業後押プロジェクト」3、企業法人の営業許可証(コピー)、税務登録証(コピー)、組織機構コード証(コピー)。4、ここ2年間(2012、2013年)の有効的な企業年度審査報告書、関係の財務報告表(資産負債表、利益表、現金フォロー表、所有者権益変更表を含む)(コピーに公印を捺印)。5、関係部門が発行したプロジェクトの名称、建設の内容、投資の規模などと一致した記録(承認)、計画、土地、環境評価などの証明書類(コピー)。6、関係部門が発行した製品生産許可の公文書など(コピー)。7、プロジェクトの銀行ローンの承諾書、自己資金の証明書類(原本)、その他の資金源の証明書類(コピー)、プロジェクトには先進性、革新性に備える検査観測、検索の報告書。8、その他の関係書類(コピー):(1)企業が国と地方政府から授与された奨励証書;(2)国の特別プロジェクト計画に入れられた批准公文書(完成したプロジェクトに関しては受け取り検査の結論意見をも添付すること);(3)知的所有権の証明書類(特許の受理書あるいは特許証書が10件を超えた場合は、リストを添付し、いちいちコピーを添付する必要がない);(4)上海市ハイテク企業の認定証明書;(5)ISO品質システム認証証明書、環境システム認証証明書。すべての申告書類を、紙面で一式2部及び電子ファイルのCDを1枚提供すること。申告する機構は提出した書類の信憑性に責任を負うこと。各申告する機構は1件まで申告できる。提出された申告の書類、一切返却されない。四、申告のプロセス1、上記の条件に合ったプロジェクトの主体機構は、徐匯区人民政府のウエブサイト(http://www.xuhui.gov.cn)、徐匯区商務委員会のウエブサイト(http://sww.xh.sh.cn)にログインして、そのなかの公告欄で関係の情報を読み、「2014年徐匯区現代サービス業後押プロジェクト申請表」をダウンロードして、規定に従い記入し、また関係の申請書類を添付して徐匯区商務委員会にプロジェクトの申請を行う。2、2014年度徐匯区現代サービス業後押プロジェクトの申請を受理する(現場での書面の書類の受付)期間は2014年7月14日~25日の仕事日で、午前9:30~11:00、午後1:30~4:00である。申請する際、紙面での申請書類一式2部と電子ファイル1部で、すべての紙面の書類をA4で両面印刷し、普通のプリント用紙で表紙にして、クッションゴム、ファイルケースなど余白を突出した装丁することをしなく、左寄りで装丁すること。3、条件に満足し、且つ申告の書類が整っている申告に対し、その場で受理し、条件に満足していない、或いは書類不備のものに関しては、返却することになっている。4、申告が完了後、徐匯区商務委員会は「公開、公平、公正」という原則によって、プロジェクトの審議を行い、予備審査、企業の信用等級評価、正式な審議などを経て、最終的に本年度の後押する現代サービス業のプロジェクトを決定する。五、連絡先1、連絡機関: 徐匯区商務委員会担当者:唐暁琳 電話番号:6487-2222(内線3013)2、申告書類受理する機関: 徐匯区現代サービス業促進センター担当者: 蒋敏 電話番号:6407-1970、158-0047-6856 朱慧群 電話番号:139-1600-6550紙面書類受理する住所:虹橋路550号316室以上徐匯区商務委員会2014年6月9日

    >>全部

  • 区財政局など関係部門が制定した「財政扶助政策をもっと規範し街道財政システムを整えるに関する意見」を回す通知

    区政府の各委員会、弁、局、各街道、華泾鎮:区政府の研究と同意を経て、区財政局とビジネス招致センターが制定した「財政扶助政策をもっと規範し街道財政システムを整えるに関する意見」を回すので、それに従って、執行するよう。上海市徐汇区人民政府事務局2011年3月25日財政扶助政策をもっと規範し街道財政システムを整えるに関する意見「上海市人民政府が市財政局街道と鎮の財政システムをもっと整え、財政扶助政策を規範する意見に関する通知」(滬府(2008)第77号)と市財政局「市内の区(県)財政扶助政策をもっと規範し、整えるに関する意見」(滬財予(2010)第69号)の主旨により、財政扶助政策の重点をもっと強調し、財政扶助資金の管理を規範し、街道財政ステムを整えるため、区の「第12回5カ年計画」期間で行われる「構造を調整し、成長型の転向を促進」する経済発展の需要と結び付いて、財政扶助政策をもっと規範し、街道財政システムを整えることに関して、以下の意見を出す。一、財政扶助政策の導きと重点を明確にすること。共産党市委員会、市人民政府が率先して経済成長方式を変換し、サービス経済をメイン産業構造の形成を加速する要求に従い、国と上海市が明確した重点産業発展の要求に従い、「第12回5カ年計画」の発展計画と結び付けて、わが区の財政扶助政策を丁寧に整理し、整えるべきである。金融業、本社機能経済などの現代サービス業、創造駆動型の先進的な製造業とハイテク産業、およびその他の産業機能の位置づけに合っている、「ハイレベルで、低二酸化炭素排出」の重点発展要求の戦略的な新興産業とプロジェクトに関しては、優先的に発展させ、持続的に政策の扶助力を拡大する。地域の産業構造の最適化、自主創造力を増強できる、就業を有効的に促進できる、および公共セットサービスを手今日できる企業とプロジェクトに対しては、必要な政策扶助を行う。エネルギー消耗の高い、汚染の多い、危険性の高い企業および空回ししている商業貿易型の企業と不動産企業への財政扶助は固く禁止する。すでに政策扶助を享受している企業とプロジェクトに対しては、国に制限され、淘汰されたものなら、徐々に法律によって終了する。二、財政扶助政策の統一管理を強める。区内の財政扶助政策を規範することへの指導を強め、引き続き市人民政府の要求に厳格に従い、現存の財政扶助政策を事情により調整し、整えて、規範化管理を尚進め、区内で財政扶助政策を統一的に制定、実施、約束を果たし、監督できるようにするほか、国、市、区の各レベルの扶助政策の速やかの実行を確保する。区の関係部門と専用資金の管理部門は政策扶助項目の管理を強め、資金の利用効果の評価を行い、資金の利用効果を高め、合理的に政策のコストをコントロールなどをしなければならない。三、財政扶助資金の予算管理を規範する。政策扶助資金を部門の予算管理に入れることを堅持し、政策の類別と扶助の対象により、それ相当の専用資金を設立し、政策の導き、資金配分の根拠、申請条件などをなお明確にして、専用資金の管理規定を引き続き整える。専用資金の各管理部門は、仕事のプロセスを詳細化し、整えるほか、政府の情報公開の規定によって情報公開をまじめにしなければならない。専用資金の利用を規範し、企業の発展の実際の需要及び区域の経済・社会の発展への貢献などを総合的に考慮したうえ、企業の産業調整、本社設立、対外貿易、技術創造、職業訓練、人材招致、就業促進、省エネ・汚染排出減少、融資担保などの需要に対し、経費・利息補助、補助金投入、レンタル料金低減などの形で扶助し、政策扶助は企業の納税などと直接的に関係をつけてはならない。財政扶助資金は国庫から直接支給し、現金、現金小切手、小切手などで直接扶助資金の約束を果たしてはならない。仲介機構などを経由して支給してはいけない。資金の支給から尚規範的に管理し、腐敗を防ぐ。四、街道の財政システムをなお整える。各街道はサービス型政府の樹立の要求と、「二級の政府、三級の管理」システムの要求によって、公共サービスと団地管理の職能を強め、所轄の区内の企業、住民と団地の属地サービスをなお強め、サービスの水準を絶えず高め、街道でのビジネスの安定と発展、サービス民生、基礎レベルの党の組織建設など重点事業の効果を強めなければならない。街道の所要経費は、区財政が部門予算により、また街道の在来の収入指数によって確保する。街道の機構運転、団地管理、団地サービスおよび住民委員会の仕事などの所要経費の確保範囲と基準を制定し、整えるほか、今後財政収入の増加に伴い、確保の範囲を徐々に拡大し、基準を高めていく。専用資金を設立し、団地の発展をなお統一的に計画し、発展の地域間のバランスを促し、団地の公共施設建設と民生実用プロジェクトに重点的に投入する。街道への評価システムを改善し、街道が所轄の区内企業、住民および団地の総合サービス管理水準を評価の重要な指標にすると同時に、仕事の実績により、奨励システムを制定し、公共サービスと団地の管理水準を絶えず高めている。五、政策の実現と監督を強める。各関係部門は、着実にこの仕事のようきゅうをつらぬき、各管理部門はこの仕事の実現に関して、専門的に検査と審査しなければならない。不当なやり方などがあった場合は、法律と規定により責任を追及する。六、本意見は配布された日より実施する。徐ワイ区財政局徐ワイ区ビジネス招致センター2011年3月26日キーワード:財政、規範、政策、通知

    >>全部

  • 徐匯区2010年度現代サービス業扶助プロジェクト及び2011年度上海市サービス業発展指導資金扶助プロジェクトのデータベースに関する申告

    「徐匯区2010年度現代サービス業扶助プロジェクト及び2011年度上海市サービス業の発展指導資金扶助プロジェクトのデータベース」に関する申告公告現代的なサービス業の産業化の品質とレベルを昇格させるため、徐匯区は「徐匯区の現代サービス業の扶助特定項目資金」を設立しました。徐匯区商務委員会、徐匯区発展と改革委員会は「徐匯区の現代サービス業の扶助特定項目資金の実施方法」及び「上海市サービス業の発展と指導資金の利用と管理方法」に依拠して、「徐匯区2010年度現代サービス業扶助プロジェクト及び2011年度上海市サービス業発展指導資金扶助プロジェクトのデータベース」に関する申告をします。申告公告は次のとおりである。一、支持の重点徐匯区の現代サービス業扶助プロジェクトは徐匯区現代サービス業「1+6」の業界ディレクトリを方向誘導にして、情報サービス業、専門サービス業、科学技術発展サービス業、生命健康サービス業、国際交流と人材育成サービス業、旅行・会議・展示会場サービス業、金融サービス業等の業界の発展を重点的に支持して、積極的にサービス貿易、水上運輸・航空運サービス、現代物流等の他のサービス業及びアイデア、文化のなど関連産業の発展を推進します。具体的に二種類に分けます(1)産業化プロジェクト:革新性はより強くて、技術価値はより高くて、明確な市場ニーズとより強い市場競争力があって、より良い経済効果と社会的効果を生むことができます。(2)公共のサービス・プラットフォーム種類プロジェクト:情報、技術、人材、貿易、資金等を支えることができ、サービス業全体の発展環境を完全します。二、申告の提出(一)プロジェクトの申告を提出できる主体部門1、商工業登録を上海市で登録して、税務徴収の登録管理は徐匯区で登録して、法人資格を持って、財務の制度は健全にして、納税と会計の信用良好である。2、申告企業の前年度財務報告による販売収入は原則的に1000万元以上に達成して、しかもここ数年の企業の成長性はより良いのである。3、プロジェクトの提出部門が資金の投入を承諾し、中核の職員陣を配備して、プロジェクトが計画に基づいて順調に実施することを確保しなければならない。(二)プロジェクトの申告要求1、内容については、我が区の現代サービス業に対して輻射的な効果があり、しかも産業化を推進できる製品とサービスを内容とするプロジェクトは申請資格があり、整体的に申告を提出できます。2、投入総金額は300万元以上に達し、投資期間は二年以内であり、そして申告を提出する時はすでに投資期間中で、或は前期建設の手続きは完成して、建設開始の条件を備えているプロジェクトは申告を提出できます。(三) 以下のプロジェクトの申告提出は支持しません。1、都市のインフラストラクチャーに属するプロジェクト,例えば埠頭、道などの基礎的な建設プロジェクト。2、制造業の領域に属するプロジェクト3、プロジェクトの建設部門は政府機関と運営費用がすべて政府から支給される国家の事業部門である。4、前年度の徐匯区現代サービス業の扶助特定項目資金を受けて、しかしまだ検査の上引き取っていないのに再度の申告を提出されるプロジェクト。以前徐匯区現代サービス業の扶助特定項目資金を受けて、しかし実施したが良好な効果を達していない部門から再度の申告を提出されたプロジェクト5、区級の他の資金支持を受けたプロジェクト。6、他の支持範囲と条件に合致しないプロジェクト。三、申告材料(1-4が必須材料で、5-8が可選材料)1、「2010年徐匯区現代サービス業の扶助特定項目資金申請表」。2、「徐匯区現代サービス業の扶助特定項目資金及び2011年度上海市サービス業発展指導資金扶助プロジェクトデータベースのプロジェクト一括表」3、企業法人の営業許可証(コピー)、税務の登記証(コピー)、法人代碼証(組織・機構コードの証明書)(コピー)。4、ここ二年(2008年、2009年度)の有効の企業年度監査報告あるいは関連財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書を含む)(コピーの上で公印を押さなければならない。)5、政府の関連部門が発行するプロジェクトの名称、建設内容、投資規模などと一致する記録書(審査・許可)、計画、土地、環境保護評価書等の証明書類(コピー)。6、関連部門が発行する製品の生産許可書類(コピー)。7、プロジェクトの銀行貸付金承諾書、自有資金の証明書類(オリジナル)、プロジェクトの先進性、革新性を証明できる関連検査・測定の報告書。8、他の関係資料(コピー):(1)国家、地方政府が公布する奨励証明書(2)国家の特定項目計画プロジェクトに入れられる許可書類(すでに完成したプロジェクトは検査結論意見を付(3)知的所有権の証明書類(特許受理書或は特許証明書は10項以上の場合は、明細書を並べてもらう、コピー   件は提供不要)(4)上海市ハイテク企業の認定証明書(5)IS0品質システム認証の証明書、環境体系の認定証明書。すべての申告材料は書面書類一部二通及ぶ全ての内容を含む電子ファイルの光ディスクを提供してください。申請部門は申告材料の真実性に対して責任を負わなければなりません。申請部門は多数のプロジェクトを申告することができて、しかしすべての申請部門は毎年度最多で資金の支持を獲得するプロジェクトは一項目しかできません。四、プロジェクトの申請1、一般に上述の条件に符合するプロジェクトの主体部門は、徐匯区人民政府のウェブサイト(http:/ www.xuhui.gov.cn)及び徐匯区商務委員会のホームページ(http://wjw.xh.sh.cn/web/htm/index.aspを登録してください.)申告の関連情報を調べて、「2010年徐匯区度現代サービス業扶助プロジェクト」をダウンロードしてください。申請表の要求に基づいて書き込み、関連申請資料を添付して徐匯区商務委員会にプロジェクトの申請に提出してください。2、2010年徐匯区度現代サービス業扶助プロジェクトの申請受理(現場で書面材料の受理)時間は2010年9月15日~2010年10 月15日の平日、午前9:00-11:00、午後2:00-4:00。書面の申請資料の一部二通と電子ファイルを提出してください。すべての書面材料はA4紙の両面印刷を採用してください。表紙は普通の紙で製本して、フォルダ、ゴム等の製本は不要です。左側で製本してください。3、要求に符合してしかも申告材料がそろっている場合はその場で受理します。、申告条件に合わないであるいは申告材料がそろっていない場合、材料を返還します。4、プロジェクトの申告が完成した後に、徐匯区商務委員会は「公開、公平、公正」の原則によって、プロジェクトを審議します。予審、企業の信用評価、正式審議等を含みます。最後に入選結果は徐匯区商務委員会のホームページの上で公表します。5、徐匯区現代サービス業扶助プロジェクトの予審を通過したプロジェクトは、同時に徐匯区の2011年度上海市サービス業発展指導資金扶助プロジェクトのデータベースに取り入れられます。徐匯区の発展と改革委員会は徐匯区商務委員会等の部門と、上海市サービス業発展指導資金扶助プロジェクトの要求によって、企業に対して指導を行って、プロジェクトの申告材料を完備して、塾したプロジェクトを2011年度上海市サービス業発展指導資金に推薦します。五、連絡方法連絡部門:徐匯区商務委員会 徐匯区発展と改革委員会徐匯区商務委員会 胡壮生 冉陽 64872222-3013 徐匯 徐匯区発展と改革委員会 張耀 64872222-1545メールアドレス:swwfwy@xh.sh.cn書面材料の受理:漕渓北路336号507室 特にここに公告します。徐匯区商務委員徐匯区発展と改革委員会2010年9月10日

    >>全部

  • 徐匯区経済貿易活動のために台湾へ出張することに関する規則

    一、 台湾での経済貿易活動の範囲提携企業間の業務、技術交流と教育、プロジェクト現場視察、ビジネス会議の参加など。二、 提出する申請書類▲台湾招待側が提出するもの:(第1項と第2項は原本であること。公印・法人印が必要)1、招待状。被招待者、訪問団人数、訪問目的、訪問期間、滞在日数、費用の負担側などの内容を含むもの。2、台湾滞在日程表。「大陸地区  台湾訪問活動に関する日程表」を提出。3、台湾招待側についての紹介。400-500字程度。4、「入台証(台湾への渡航許可証)」(写し)▲訪問側が提出するもの。(第5項と第6項は原本であること。公印が必要。第7項は捺印不要。)5、台湾訪問申請書。6、所属機関が発行する訪問団メンバーの在職証明書(氏名、性別、生年月日、現職務、戸籍地などの内容を含むもの)7、台湾訪問団メンバーリスト(http://www.xuhui.gov.cn/website2009/v7/service/dt_DownloadTable_215.htmlよりダウンロード)8、訪問側の工商営業免許の写し。外資企業の場合、外資企業許可証(写し)。三、 注意事項1、 申請書類には、「中華民国」、ROCなどの文字があってはならない。2、 台湾滞在日程表は指定の用紙(「入台証」の取得のため、招待側が台湾の審査機関に提出する申請表)があり、自らプリントしたものは認められない。3、 招待側についての紹介は文書化したものでなければならない。企業案内のようなパンフレットは認められない。4、 企業提携のプロジェクトの目的で台湾を訪問する場合、双方の契約書または協議書を提出すること。5、 申請の受理期間は30日間。したがって、1ヶ月前に申請書類を提出すること。6、 台湾滞在期間は原則的に30日間以内であること。特殊な場合でも60日間を超えないこと。7、 各書類は原本1部、写し一部を提出すること。お問い合わせ番号:64454046  ファックス:64454046住所:烏魯木斉南路218号    郵便番号:200031

    >>全部