ップページ
政策を解読する

晩育出産 父親の看護休暇に関するQ&A

Q: 晩育出産について、父親の看護休暇の取得は,どのような条件が必要ですか。

A: 既婚の女性が最初の子供を生育する時に本人が満24歳以上の場合は晩育とします。配偶者に3日間の晩育出産看護休暇が与えられると規定しています。従って、晩育条件を満たした女性は、その配偶者は3日間の看護休暇を享受することが認められます。

Q: 晩育出産の看護休暇取得は時間制限がありますか?

A: あります。関連規定によって、配偶者の看護休暇は産婦産休期間のみの取得になります。

Q: 従業員が看護休暇を取得した場合は、欠勤として扱うことができますか。

A: できません。関連規定によって、介護休暇取得日の賃金等の取扱いは出勤したものとみなします。

(区婦人連合会から)