ップページ
学校

上海交通大学

上海交通大学は中国の最も歴史の長い大学の一つであり、教育部の直属で、なお上海市と共同建設する全国重点大学である。中国の「第7回5カ年計画」「第8回5カ年計画」期間の重点建設大学と「211プロジェクト」「985プロジェクト」の1回目建設大学である。115年間の発展により、上海交通大学はすでに「総合的で、研究型で、国際化」の国内で一流、国際で有名な大学となっており、また世界一流の大学へと着実にまい進している。
19世紀末、中日甲午戦争で負けて、中華民族が危難であった。そうした中、中国近代の著名な実業家で教育者である盛宣懐氏をはじめとした有識者たちは「国を強くさせるには、まず人材を育成することで、人材を育成するにはまず教育を行う」という理念の下で、1896年に上海で交通大学の前身である「南洋公学」を開校した。大学は開校の時から、「実学を求め、実業を勉む」を主旨とし、「一流の人材を育成する」ことを教育の目標として、勤勉に向上に向けて、飽きることなく実行した。その結果、20席20~30年代には、すでに国内の著名な大学となり、「東のMIT」と称された。抗日戦争中、教職員と学生が多くの苦難を経て、租界に移したり、重慶に移したりしても、大学を停学させることがなかった。数多くの学生が筆を捨てて従軍し、戦場で血を流した。解放前、大学の教職員と学生が民主運動に投身し、「民主の砦」と称された。中華人民共和国が設立されてまもなく、国の経済建設の需要に応じて、大学はかなり多くの業績の優れた学部と学科を出して国内のほかの諸大学に支援した。1950年代半ば、大学はまた国の西北地方を建設するという呼びかけに応じ、西部に移して学生を育成すること、上海と西安と二つのところで育成することとそれぞれ独立に育成することなどを経験してきた。大学は新しい中国の高等教育システムの構築及び社会主義建設の促進において重要な貢献をしてきた。
1956年夏、国務院の決定により、大学の一部が西安に移し、上海キャンパスと西安キャンパスと二つに分けた。1959年3月、二つのキャンパスが同時に中国重点大学とされた。7月に、国務院の批准により、二つのキャンパスがそれぞれ独立化し、上海キャンパスは「上海交通大学」という大学名を使用する。20世紀60~70年代、大学は相次いで国防科学工業委員会と第六機械工業省に属し、積極的に国防人材の育成と国防科学研究に投身し、「原子爆弾、ミサイルと人工衛星」と国防の現代化に多大な貢献を成し遂げた。
改革後、特に1982年教育部に属して以来、大学は「先んずる」精神を持って、大胆的に改革を推し進めてきた。率先に教授代表団をアメリカに派遣訪問し、率先に大学内の管理システム改革を行い、率先に海外の友人の巨額な寄付を受け入れるなどを通じて、大学の教育と科学研究改革を強力に推し進めた。1984年、鄧小平氏が大学の管理層、教職員学生代表と面会し、上海交通大学が行った改革を十分に評価した。国と上海市の力強い支持の元、大学が「レベルアップ・一流を作る」ことを目標とし、学科建設を要とした。相次いで理科、管理学科、生命学科、法学と人文学科などを回復・新設した。1999年に、上海農学院が編入し、2005年に上海第二医科大学と合併した。これで、大学は総合大学としての学科構成がほぼ完成できた。近年来、大学は国の「985プロジェクト」「211プロジェクト」建設の審査を通し、ハイレベルの人材が次第に集まってきて、科学研究の実力が急速に躍進し、研究型大学への変換ができた。同時に、アメリカのミシガン大学など世界一流の大学との提携により、国際化戦略の面においても重要な突破が実現した。1985年より、閔行キャンパスを建て始めたが、20余年の建設で、施設完備、環境優雅の現代的な大学キャンパスとしてはほぼ完成しただけでなく、大学の教育重点の閔行キャンパスへの移転も完成した。大学は、現在、徐ワイ、閔行、法華、七宝と重慶南路(ロ湾)計5つのキャンパスを持ち、敷地面積は延べ4840ム(約322ヘクタール)である。一連の建設と改革により、大学の各教育指標は大幅に上昇し、躍進的な発展が成し遂げ、総合的な実力が著しく増加し、世界的な一流大学への発展に着実な基礎を築き上げた。
上海交通大学は、人材育成を終始大学の基本的な勤めとしてきた。100年来、大学は国と社会に20余万人の優秀な人材を育成し、中に江沢民、陸定一、丁関根、汪道涵、銭学森、呉文俊、徐光憲、張光闘、黄炎培、邵力子、李叔同、蔡鍔、スウ偉奮、陳敏章、王振義、陳竺など、数多くの傑出した政治家、科学者、社会活動家、実業家、工程技術専門家と医学専門家が含まれている。中国科学院、中国工程院院士のうち、交通大学の卒業生は200名以上いる。また、国に表彰された「原子爆弾、ミサイルと人工衛星」勲功者23人のうち、6人が交通大学の卒業生である。18人の国家最高科学技術賞所得者のうち、3人が交通大学の出身である。交通大学は中国近・現代史上において数多くの「第一」を作り上げた。中国一の内燃機関、電機、中国語のタイプライターなどである。新中国の始めての一万トン級の船、核燃料潜水艦、ホバークラフト、水翼艇、自主設計の初世代の戦闘機、人工衛星発射ロケット、人工衛星、心臓僧帽弁分離手術、同種原位肝臓移植手術、広範囲熱傷患者のレスキューなどに成功し、これらにはすべて交通大学の教職員と学生の心血と知恵が凝集している。改革開放以来、若手の卒業生は世界各地の各産業で活躍している。
2010年12月31日まで、大学には、26の学院・直属する学部と12の付属病院がある(ほかに、継続教育学院、技術学院と国際教育学院がある)。全日制大学生17766人、修士コース12026人、博士後期課程コース4640人が在籍している。専任教員は3094人で、中に教授が816人、中国科学院院士15人で、中国工程院院士19人、中国共産党委員会中央組織部「留学帰国者千人プラン」39人、「長江学者」92人、国家傑出青年基金取得者69人、国家重点基礎研究発展計画(973プラン)首席科学者23人、国家重大科学研究計画首席科学者6人いるほか、国家基金委員会学術創成研究グループ4個、教育部学術創成研究グループ12個ある。
大学には、現在、本科の専攻が68あり、経済学、法学、文学、理学、工学、農学、医学と管理学など8種類の専門科目に属している。国家級の教育と人材育成基地7つ、国家級の実験教学模範センター4つ、国家級教育グループ8つ、上海市の教育グループ15を有している。国家級の教育名人6人、上海市教育名人32人、国家級の優秀課目46、上海市の優秀課目107、国家級の中国語・外国語模範課目7つある。2001年、2005年、そして2009年には、第一完成部門として、37の国家級の教育成果と157の上海市教育成果を受賞した。
大学には、32の1級博士コースがあり、中に、203の2級博士コース(サブコース)が含まれている。ほかに、2つの博士専門学位コースがある。これらのコースは、理学、工学、医学、管理学、法学、経済学、農学と文学など8つの専門分野に分かれている。50の1級学科の修士コースがあり、中に298の2級コース(サブコース)があるほか、20の専門修士コースがあり、12のすべての専門分野に分かれている。9の国家1級重点学科、11の国家2級重点学科、7の国家重点(育成)学科、27の上海市重点学科がある。28のポストドクター・ワークステーション、1つ国家実験室(準備中)、6つの国家重点実験室、5つの国家工程研究センター、1つの国家エネルギー研究センター、2つの国家工程実験室、12の教育部重点実験室、4つの衛生部重点実験室、1つの農業部重点実験室、23の上海市重点実験室、4つの教育部工程研究センター、4つの上海市工程技術研究センター、3つの世界衛生機構(WHO)協力研究センター、1つの国家技術移転センターと1つの国家大学科学技術園を持っている。
大学の科学研究と技術の創成能力が絶え間なく上昇している。科研費も毎年のように増加し、2010年の科研費総額は20.42憶元に達した。SCIに収録された論文数なども長年にわたって国内の大学のトップレベルになり、2009年度は3140本の論文がSCIに収録され、中国の大学の中で第2位であった。SCI論文の質も著しく上がって、「よくできた」論文数も全国の大学で第2位であった。2009年度、SSCIに収録された論文は66本であり、中国の大学で第3位であった。1991年~2010年、特許を8638件申請した。「デジタルハイビジョンテレビシステム重要技術と設備」「巨大型重い荷物を載せる装備に関する基礎的な科学問題」「中・大規模集積回路(IC)コンピューター補助解剖分析システム」「ケーブルなしの水中ロボット」「深く潜る潜水艇」「潜水艇騒音振動制御設計とその応用」「燃焼阻止用マグネシウム合金とその応用に関する重要な技術研究」「乗用車ボディー製造の品質制御システム」「ミクロナノ尺度流体の流動と熱伝導質伝導に関する基礎研究」「原位複合自生増強型Ti基複合材料、Mg-Li基複合材料研究」「2世代高温超伝導ベルト材料製造技術に関する研究」「超分化したポリマの制御できる製造及び組み立ての技術」「全フッ素イオン膜の重要技術に関する研究」「A-I型指短小症の発病遺伝子に関する研究」「DNA巨大分子の新しい種類のイオウ修正」「組織工程学の重要基礎的な科学問題に関する研究」「2型糖尿病の病理・生理の変化の分子メカニズムに関する研究」「白血病・赤血球と血小板など血液システム関係疾病に関する研究」など一連の重要な研究成果をあげた。
2010年、王振義院士は血液病に関する研究上優れた研究貢献をしたことで国家最高科学技術省に受賞した。また、10の研究プロジェクトが国家科学技術賞に受賞し、中の5つが交通大学が第一の完成部門で、全国の大学の第2位となっている。
 上海交通大学は奥深い文化と悠久な伝統を持ち、その奮起して大学の発展を図る道のり、とりわけ改革開放以来できた巨大な成果が、国内外に注目されている。英才輩出した、百年余りの歴史を持った名門校は現在、勇敢に前進している。大学は文明の伝承、真理の探究を自分の使命とし、中国を振興し、人類に幸福をもたらすことを自分の責任として、「総合的、研究型、国際化」した世界一流の大学という目標へ向かって、前進を続けている。