ップページ
トピックス

「人工知能と上海科創センターの建設」フォーラムの開催

12月19日午前、「人工知能と上海科創センターの建設」フォーラムが上海で開催されました。上海市経済情報化委員会のシニアエンジニアの張英がフォーラムの挨拶をしました。
徐匯区副区長の陳石燕、工業情報部科学技術司ハイテク技術所所長の趙策、中国情報通信研究院の副シニアエンジニア続合元などの方々がフォーラムに出席しました。

張英シニアエンジニアは以下のように挨拶をしました。人工知能が目覚ましい発展を遂げて、今は技術改革期から革新応用の重要段階になってきました。先日、上海市市政府が『新世代人工知能の発展に関する上海市の実施意見』を公布して、全面的に『知能上海』の推進を実施します。より多くの科学技術産業の成果を作るために、上海市は人工知能企業を発展できるよりよい革新・起業の環境を作って、持続的に技術研究開発と産業化方面の投入を増大しています。同時に、より多くの科学技術成果を実際生産力への転化に力を入れて、規模産業と国家人工知能発展高地の形成に力を尽くします。

今回のフォーラムは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の視覚認識と機械学習センター主任、世界で有名な人工知能コンピュータ視覚認識専門家のAlanYuille招きました。それに、YITU科技連合創立者兼CEOの朱瓏、YITU科技連合創立者の林晨曦、中国人工知能産業発展連盟、清華大学、上海交通大学などの方々を招いて、共に人工知能と上海科創センターの建設に知恵と力を入れます。フォーラムの現場では、「上海交通大学―YITU科技―熠知電子」が視覚計算と応用連合実験室の協力協議を調印しました。
 

  ユーザー名:
  内容: