ップページ
トピックス

龍呉路(徐匯区域)の応急改造工事今年完成

全長約8.86キロメートル、幅50メートルの龍呉路(徐匯区域)は、市街区と郊外をつなぐ重要な幹線南北通路として、数多くの大型車両、更に過積載の大型車両が頻繁に通っています。それによって、道路の劣化を引き起こして、道路の正常通行の障害要因となっています。最近、龍呉路道路の塵問題、道路劣化問題について、地域住民からの文句はとても多いのです。

2017年、徐匯区市政と水務中心は政府施政計画に基づいて龍呉路第三回の補修及び緊急整備工事を行いました。龍呉路補修工事は主に、外環状状道路(徐匯区域)の凹みと水溜りに対して修繕と新設を行っています。今回の工事は合計で10700㎡の道路を補修して、路面切削と床版つりは40200㎡を行って、2017年7月から初めて、9月に竣工しました。

工事中では、徐匯市政と水務中心は文明施工の注意事項をを厳守して、できる限りに周辺住民の日常生活に迷惑のかからないような対策を施しました。1、工事現場掲示の標識を立てて、標識の設置区域を拡大すること。今回の路上工事による交通への影響が予想されましたから、事業者が工事現場掲示の標識についての規定を決めて、標識の設置区域を拡大しました。それに、各交差点には自動車の誘導を行う交通誘導員も設置しました。

2、交通信号によって通行量を調整すること。交通警察部門が補修工事に協力して、長時間かかって通行量調査を実施しました。それによって、交通量に応じて交通信号をタイムリーに調整します。

3、様々な技術措置を利用して、施工速度を加速すること。今回の大規模修繕工事に長い時間がかかります。事業者が専門技術会議を行って、様々な合理的な技術措置を利用して、品質を保証する上に工事の進度を加速します。特に、大量の大型機械を利用して、路面を粉砕する時間を大いに短縮できました。

一方、道路の掘り返しを防止するために、管や線(電力、ガス、水道)の管理部門と協力すること。同時に、環境の総合整理整頓も行いました。工事前後には、周辺住民と疎通して、文明施工をを厳守する上に、住民の意見を聞きました。それらの様々な措置は、周辺の住民の好評を得ました。

(出所:東方網)

 

  ユーザー名:
  内容: