ップページ
区域ニュース

徐匯区第五回ソーシャルワーカー文化祭の開催

12月7日の午後、「美しいソーシャルワーカー、美しい生活」をテーマにする徐匯区第五回ソーシャルワーカー文化祭が上海京劇院周信芳芸術空間で開催された。共産党徐匯区委員会常務委員、組織部長の沈山州がイベント開会式の挨拶をしました。沈山州は、徐匯区社会福祉事業の目覚ましい発展を顧みました。また、ソーシャルワーカー達に、初心忘れるべからず、社会的使命を担って、仕事の対応能力を高めて才能を伸ばして、コミュニティに深く入り込んで区域の住民に奉仕して、徐匯区を現代化国際大都市一流中心市街区に作り上げるのにより大きな貢献をするように、という期待を述べた。

文化祭の現場では、龍華街道コミュニティのソーシャルワーカーの風采を語るビデオが放送された。それに、龍華街道公益基地の名札授与式も行われました。ソーシャルワーカー達は、ストーリ、小品、漫才、舞台劇、ニュース速報と合唱などの独特な形式を通して、それぞれの持ち場で熱心に働いている彼らの新しい風采、新しい風貌を現しました。また、初心忘れず、互いに励ましあって共に美しいコミュニティ、より良い生活に努力する願いを表しました。

2013年から、徐匯区はソーシャルワーカー文化祭を毎年開催して、今年は5回目であった。今回の文化祭は、区民政局、龍華街道が共催して、徐匯区社会奉仕活動協会、上海正能コミュニティ発展センターがイベントの運営を引き受けました。上海市、徐匯区の各関係部門、各街道(鎮)の自治弁公室(社会管理弁公室)、住民委員会、社会組織、上海市他の区のソーシャルワーカー代表者の200数人が文化祭に参加しました。