ップページ
区域ニュース

科学普及イベントを中小学校へ  ノーベル賞へのあゆみ

先日、徐匯区日暉新村小学校では、「ノーベルに耳を傾ける」をテーマにする講座が開催されました。ノーベル賞についての知識を深めて、難しくて一般人がよくわからない専門用語から、偉大な科学発見が一般人に対する実際的な意味を青少年に読み取らせるのは主催者の旨です。当イベントは、上海市中小学校「科学普及イベントを中小学校へ」科学家巡回講演一連活動の一部で、上海市教育委員会が主催者して、上海教育新聞雑誌総社と上海科学技術節組織委員会が協力してイベントの運営を引き受けて行いました。「ノーベル賞」についての知識を青少年に紹介するイベントは上海で初めてです。

主催者は、中国科学院上海技術物理研究所の郭瑋宏博士を招いて講演会を開催しました。聴衆は小学生だということを考慮に入れて、漫才もできる郭瑋宏博士はとても「子供らしい」元素を溶け込んで、講演会のテーマを「太陽、朝早く私を起こしてくれる」にして、小学生に「生命のリズム」の神秘を解説しました。また、今年のノーベル受賞した生理学賞と医学賞の科学成果を、分かりやすく釈明しました。

(出所:青年報)