ップページ
トピックス

唐韻の中秋 美しい民俗

今年の上海観光祭では、華涇鎮は初めて上海流文化を代表できる「黄道婆」を絞って、「黄道婆の故郷」をテーマにする花車を走らせます。それに、華涇黄道婆観光文化祭も同時に開催する予定で、観光客と市民達はここで民俗体験の中で文化伝承の魅力を感じできます。
無形文化遺産の宣伝を合わせて各種類の公演、展覧会、手工芸体験、黄道婆故郷半日帰り旅行コースなど、様々なイベントでお楽しみしましょう。

また、文化伝承のもう一つの内容として、「唐韻中秋」をテーマに式典も10月3日~4日に桂林公園で開催します。今年の式典には「中秋拝月」、「中秋月見創意詩会」などの様々な内容があります。例えば、漢服、器具、古楽、儀礼、祝福などの形を通して、中国伝統的な中秋節の月見祭りを再現できる「中秋拝月」、市民と観光客がその式に参加でき、皆で一緒に月の下で一家団らんの楽しく時を過ごせます。公園側は有名な芸術家と詩人を招待して、もくせいの匂いが漂うあずまやの間に「中秋月見創意詩会」を行います。詩歌を吟詠して中華民族の伝統文化を伝承して、共に月見の楽しい月日を送りましょう。

今年、インターネットで人気を集める茶芸も桂林公園の飄香園林に入って、「千年の古琴、百年の茶道」の特別テーマの茶会を行います。美しい古楽の音と、もくせいの匂いの中で、その自然景観と詩文化を融合する高尚・上品な体験はとても期待に値ます。千首の提灯謎が掲げられた回廊の中で、中華提灯謎学会の大家が、観光客に謎の解くコツを面白くて解説してくださいます。中秋節のその日、園林情景劇――越劇『嫦娥奔月』、『高殿』などの演目が、公園の中にある築山、あずまやの間で上演して、お客さんは越劇の中の「才子佳人」と「ゼロ距離」で出会うことができます。主催側は中秋節の雰囲気に包まれる様々な演劇と昔話の主人公の服と各種類の伝統服を用意して、芝生の上で、皆はこれらの服を着て、まるで時間をかけて「中華月光パーティー」を開いているでしょう。
(出所:東方ネット)


 

  ユーザー名:
  内容: