ップページ
区域ニュース

長途客運南ターミナル(長距離バスターミナル)端午節期間中の乗車券発売

端午節の三連休まであと20日間もあるが、各長距離バスターミナルはもう続々と端午節期間中の乗車券を発売してきています。長途客運南ターミナルは今週の金曜日から、5月30日(含む)までの南ターミナル発のすべての乗車券を発売する予定です。その前の5月6日から、長途客運総ターミナルはすでに端午節期間中の乗車券を発売してきています。三連休に国内旅行の計画はもう立てられた方は、早めに乗車券をお買いください。

長途客運南ターミナルの関係者は次のように紹介しました。5月12日から、南ターミナルは乗車券を前売りにして、前売り期間は19日間です。即ち、5月30日(含む)までのすべての乗車券を5月12日から発売することになりました。長途客運南ターミナルの公式微信公衆号/APP、公式オンラインプラットフォームなどは24時間乗車券発売になって、12日0時に発売開始されることになります。今までの経験によって、端午節の三連休期間の乗客構成はメーデーと違って、団体旅行のほうが多いそうです。長途客運南ターミナルは、杭州、普陀、西塘、烏鎮、啓東、海門、南通、塩城、黄山などの方向に長距離バスを運行している。

一方、5月6日から、長途客運総ターミナルはすでに「端午節期間中」の乗車券を発売してきました。前売り期限は5月30日まで延長されることになります。総ターミナルの関係者が以下のように紹介しました。5月22日から、5月22日当日を含む10日内の乗車券発売という平日の前売り期間を回復することになります。すなわち、5月22日に、5月31日までの乗車券を発売するということです。「端午節」三連休のピークに対応して、総ターミナルは5月27日~28日の2日間に、1階の乗車券売り場ホールを一時に乗客待合室に変えて、同時に全面的に地下乗車券売り場を開放することにします。一番ピーク時は25の窓口売り場も開設して、21時-5時に駅前広場で徹夜乗車券売り場の窓口を設置します。

そのほか、5月27日―28日、元の一階の入口のほか、総ターミナルはもう一か所の地下室入口を設けます。それに、旅客の待つ時間を減少するために、安全検査人員、荷物の安全検査設備も増加します。当日の乗車券とネット乗車券の決済情報をスタッフに見せてから、地下と1階の入口を通して総ターミナルの各待合室に入ることになります。

只今、長距離バスの乗車はすでに全面的に実名制を実行していますので、ぜひ二世代身分証をお持ちください。それに、ターミナル外での乗車、タブ屋での乗車券購入をしないで、ぜひ売り場窓口、或いは公式サイドで乗車券をお買いください。と総ターミナルの関係者が注意しました。

(出所:青年報)