ップページ
区域ニュース

徐匯濱江労働者の家で 「ジェット・コースター」の体験

徐匯濱江労働者の家では、スタッフの指導の下で大型の「飛行艇」に入って、シート・ベルトを結んで、VR眼帯を付けている一人の親方がいる。技術者の操作に従って、「飛行艇」は上下左右に動き始めた。数分後で、動きはゆっくりと止まった「飛行艇」を出その親方はとても楽しかった。彼は「ジェット・コースター」を体験したような感じだと、記者に言った。「本当に刺激的だよ、狂ったようで」、、生まれて初めてのジェットコースター体験は、思わずVRの仮想空間で実現できたと感嘆した。

5月4日~7日、上海市と徐匯区科学技術協会の協力で主催した「3R」カーニバル巡回展の徐匯区展示会は徐匯濱江労働者の家で開催した。徐匯区の市民と学生、出稼ぎ労働者に、未来科学技術の目新しい旅の体験を提供するために、その「飛行艇」を含めて、2016上海国際科学普及製品博覧会の百点以上の展示品の中では、6項目の人気プロジェクトは選出されて、徐匯濱江の労働者の家に運び込まれた。

イベントの現場では、6社の「3R」企業がそれぞれ、沈浸式VR体験ゲーム、裸眼3Dテレビ、知能ロボットなど、6項目のパフォーマンスを出した。「ジェット・コースター」のほかに、ロボット・ダンス、裸眼3Dテレビ、野外探険……徐匯区の住民達は、その場で未来世界を駆け巡り、その素晴らしい科学技術の旅を体験することができた。