ップページ
トピックス

「貨物自動車運送のオイル漏れ、液漏れ及び水漏れガス漏れ」などの違法行為に「NO」

先日、徐匯交通警察と市容管理部門が共同で「大型貨車に対する特別整頓行動」を行った。
整頓行動は主に龍呉路沿線の大型貨車を調査して、トラックの過積載、速度超過違反、「貨物自動車運送のオイル漏れ、液漏れ及び水漏れガス漏れ」、ほこりの飛散、信号無視、横断歩行者等妨害違反、禁令違反などの厳重違法行為に対して厳しい処分を行った。当日の昼ごろまで、龍呉路では、主に違法行為を16件処罰して、違法自転車を2台収めた。

午前10時に、記者が龍呉路徐梅路の交差点で、共に違法行為を調査していた交通警察と市容管理部門に取材した。交通警察がマックトラックを何台か止めて、ポータブル型車両重量計でトラックを計量して、また、カバーが付けてあるかどうか、トラックの清潔さ、マック運送の免許、運送路線などについて検査を行った。

検査現場では、大型車両が曲がると、前輪と後輪の走る軌道が違うことによって、内輪差があり、また、視覚の死角域も存在で、思いやり運転事故を起こす可能性が高い。警察は運転上の注意点を以下に解説する。例えば、カーブに入る手前で減速するようにすること、曲げ半径を大きくすること、軽車両、徒歩者が大型車両の通行帯に入らないこと。従って、徐匯区交通警察は龍呉路などの大型車両通行量が多い交差点では、歩行者に注意してゆっくり進んで、横断帯で歩行者に近づいたときも歩行者を優先させる、軽車両が停車線ないで信号を待つなどのことに対して、とても目立ちの警告看板を設置した。

徐匯区交通警察は管内で試験的に警告看板を100枚を設置した。一か月来、徐匯区大型車交通事故発生件数は以前と比べて減少した。

(出所:上海法治新聞)
 

  ユーザー名:
  内容: