ップページ
区域ニュース

呉中路公共交通専用道路の新増 閔行区から徐匯区へ行く場合、より便利になる

先日、閔行区から徐匯区へ行く呉中路公共交通専用道路の建設工事はスタートして、工事期間5ヶ月。
呉中路は閔行区、徐匯区をつないで、内環道路、中環道路、外環道路の三つの環状道路と交差し、交通密度はいつも飽和状態で、よく交通渋滞になる。今、呉中路には、快速自動車線4本、一般自動車線2本が設置されている。今回は、西から東(閔行区から徐匯区)に向かう1本の公共交通専用道路を増加するが、東から北に向かう道路は変わらない。
自動車道と非自動車線の間にある隔離帯を取り除き、また一般自動車線の幅は元の3.5メートルから2.5メートルまで縮めることによって、なんとか公共交通専用道路を作りだした。

当該工事は、西は七莘路から、東は中山西路(内環道路)まで、全長は約8キロメートル。土木建築改造工事は七莘路―宋園路、全長7.18キロメートル。
(出所:新聞晨報)